韓国ドラマ感想「宮~Love in Palace~」の感想&話の内容 第3話:私シンデレラになります

 -どんな子なのか知りたくなってきた-

 
 チェギョンとシンの新迎の礼が行われました

 チェギョンは少しずつシンのことが気になりだしたようです


 こんばんは

 日付誤魔化して更新していますが、お久しぶりです

 「黒猫ROOM」管理人の黒猫のロクさんです

 ゼミの発表も無事に終わったので更新再開します

 韓国ドラマ3記事分溜まっているのでまずは

 そちらの記事から順に更新していきます

 今回お届けする韓国ドラマは…


 宮~Love in Palace~ です


 韓国でミュージカルになるようですね

 シン役は日本でも大人気のあのお方でしたよ~

 ペンの皆さん、嬉しいだろうなと思いました

 衣装、にあっていましたね


 今回の話はシンとチェギョンの新迎の礼が行われました

 2人、夫婦になりましたね

 さて今回の話ではどうなるのでしょうか

 前回の感想はこちらです

 韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想です♪ 第2話「もう1人の皇太子?」


 なお管理人はユル王子派ですので感想は偏ります

 では、話の内容&感想の方に進みます 







韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想&話の内容♪ 第3話「私シンデレラになります!!」


 チェギョンが宮に到着した所から始まります

 着くなりチェ尚宮様からチェギョンが覚えなければいけない

 教科書を見せられます それが凄い量で…(苦笑

 あの本を全部覚えないといけないとかキツイですね

 
 チェギョンは着いた早々、教育スタート

 まず1人で本を読んで皇室で使用されている言葉の勉強をします

 チェギョンも言ってましたが難しい言葉ばかり

 本当、そのまま言った方が楽なのに、

 なぜ難しい言葉に変換するんだろう?

 チェギョンには簡単に覚えられるような内容ではありません


 チェギョンの様子を見に皇后陛下が訪れました

 陛下が訪れたのですがチェギョンは…


 何といつのまにか爆睡!?(笑)


 皇后陛下は寝ているチェギョンを見て呆れています

 起こされても起きないチェギョン

 皇后陛下は疲れているだろうから寝かせておくように

 言われてお帰りになりました

 あの様子のチェギョンを見た皇后陛下はチェ尚宮さまに

 皇太子妃としての品を持ってもらうためにも、

 宮の重みを教えるように言われていました

 1日の講義内容と学習成果を記録するように1冊の本を

 チェ尚宮さまに渡して御帰りになりました

 いちいちメモするのも面倒くさいですけどしょうがないですね


 その頃、チェギョンは…

 
 内命婦の目を盗んで部屋から脱出!


 内命婦はチェギョンのことを探します

 チェギョンは逃げるのを楽しんでいました

 無事に見つからず逃げれたチェギョンは安心しますが…


 チェギョンの目の前にチェ尚宮さま登場!!


 チェギョン、あっさり見つかってしまいました

 チェ尚宮さまは内命婦たちのことを叱ります

 チェギョンは自分が悪いとかばうのですが通じず…

新迎の礼の時に着る大礼服が出来たので試着をするよう言われます

 チェギョンが何かすれば内命婦のお姉さん方が怒られる

 自分のせいで他人が怒られるのはきっとチェギョンも

 嫌だと思うので今後は気をつけないといけないですね


 
 場面は変わり皇太后陛下は詩を詠んでいました

 皇太后陛下はユルと恵政宮さま(ユルママ)のことを思います

 夫に突然死なれ、ユルと共に規則のせいで追い出された2人

 その心は傷ついただろうと…

 本当だったらユルのお父さんが今のシンのお父さんの地位につき

 ユルが皇太子になるはずでしたからね…

 

 場面は変わり、皇后陛下が皇帝陛下に薬を飲ませます

 めまいはいつ起きるかわかりませんし…

 早く病気の方、よくなるといいですね

 皇帝陛下は皇后陛下に皇太子妃の教育のことを尋ねます

 皇帝陛下の考えとしては…


 「焦らずゆっくりと適応する時間を与えよう


 といったお優しいお考えのようです

 でも、皇太后陛下は違います

 そして話はシンのことに…

 教育の考えが違った2人

 そのせいでシンがあのような性格になってしまったんだと

 シンのこともあるのでチェギョンの教育だけは厳しくやりたいようです

 皇帝陛下は

 「外で自由に育った子に無理強いするのが逆効果


 ともっともなご意見をされてましたが、結局教育の方は

 皇太后陛下に任せることにしました

 皇帝陛下は寛大な心をお持ちのようですね

 その点は、お母様の皇太后陛下と同じだな~


 
 場面はチェギョンへと戻ります

 今日の教育は全部終了したことに喜ぶチェギョン

 ですがチェギョンはチェ尚宮さまに

 明日の儀式について説明するように言われます

 儀式の内容を説明するチェギョンですが覚えてなく…

 その様子を見たチェ尚宮様は宮の掟の重みを何だと思っている

 宮を愚弄する気かと内命婦たちに怒ります

 腕を出すように言うチェ尚宮様

 どうやら指揮棒みたいな棒で内命婦たちの腕を叩くようです

 あんなので叩かれたら痛いですよ~

 叩かれる瞬間、チェギョンが筆を差し出して阻止

 そして思い出せそうだと言い、また説明をするのですが…


 チェギョン、腕に内容全部書いてる(笑)

 
 腕をカンニングペーパーにしていたようですね(笑)



 腕に書いた内容を読みあげるチェギョン

 そりゃ内容も当たってるわけですよ!チェ尚宮さま(笑)

 チェ尚宮さまのテストも何とかクリアしました

 やってることが面白いな(笑)


 場面は変わりシンとユルへ…

 ユルがシンの部屋に遊びに来ているようです

 シンに対して色々と質問をするコン内官

 尋ねられるのが日常となっているようですけど、

 シンは適当に答えて流しているようでした(苦笑


 ユルに一緒にチェギョンの様子を見に行かないか誘うシン

 ユルはそれを断り1人で行くように言います

 シンはユルみたいな男前と同じクラスになったと知ったら

 チェギョンが喜ぶだろうと言ってましたね

 私ならユルと同じクラスになったら喜びます(笑)

 ここでユルがシンにアドバイスを

画像



 「勉強で疲れているはずだ

  チョコレートとかを差し入れすれば?」



 ユル王子、素敵過ぎ


 
 チェギョンのことをちゃんと考えてあげていますよ

 ユルみたいな方が旦那様だったらよかったのにね~

 シンも後半になると同じように素敵になるんですけど…

  ↑管理人はユル王子派だからw

 
 それに対してシンはというと…

 「来てもらえるだけで光栄だろ」と言ってました

 何、この2人の温度差の違いは(苦笑

 その言葉に対してユルは


 「それは違うよ

  女の子は甘いものとか好きだから…



 と言ってました

 シンは面倒くさがりながらチェギョンのもとへ向かいました


 チェギョンのお友達はチェギョンの結婚お祝いボード作成中

 皇太子妃になったからといって無視したりはしないと思いますよ

 チェギョンへの誤解もとけたようでよかったです


画像



 場面はシンに戻ります

 シン、チェギョンの様子を見に現れました

 他の人は立ち入り禁止でも夫になるシンは大丈夫なようです

 シンはユルのことを言いますが、あの日ユルがクラスに

 やって来て紹介された時、チェギョンはいなかったんですよね

 そのためまだユルのことを知りません

 シンはチェギョンにお菓子の差し入れをします

 面倒くさがりながらもちゃんと用意したのですね

 喜ぶチェギョンですが…


 「ここではお菓子は禁止だし、

  女の子なら喜ぶだろうとユルが用意してくれたんだ



 ユルの印象が上がりましたね

 そんなこと言わず自分が用意したことにしちゃえばいいのに

 それでもチェギョンは嬉しそう

 そんなチェギョンに「ママに会いたくて泣いてないよな」

 と言ってしまうシン

 チェギョンの表情が一瞬で変わってしまいましたね

 シンは両親に会えてもチェギョンは簡単に会えません

 そりゃ寂しいに決まってんじゃん!

 
 シンは結婚に条件を出したそうです それは…


 皇太子の居住である東宮の移転



 シンは大人から干渉されたくないようです

 シンも結婚に条件を出していたのですね(汗

 シンは移転になったら月に一度の里帰りも目を瞑ると

 他にも色々とメモに書いてある案を読みあげます

 
 しかしチェギョンが止めるように言う

 チェギョンはそうやって慰められるのが嫌みたい

 シンの言い方もよくなかったのでしょうね(苦笑

 ちなみにメモに書いてあった案もユルが考えたものでした

 シンはチェギョンに言います


 俺が約束出来るのは、離婚だけだ」



 …えっ?離婚って…



 シンは自分に誰にも意見を言えなくなり、

 チェギョンが宮を離れたいと言った時に言うそうです

 家族に会いたくて泣いているような妻は願い下げだと

 でも自分は皇太子で簡単に離婚できる立場ではない

 それでも離婚してあげることを約束します

 結婚する前から離婚を言われるチェギョン

 何だか可哀想です…


 場面は変わりついに新迎の礼の日

 チェギョンの家族は亡きお祖父様にご挨拶

 弟君だけ自分の願いを言ってましたね(笑)

 チェギョンのお父さんは儀式の際に言わなければ

 いけない言葉があるようで練習

 ですが… 覚えていないようでしたね

 失敗したら離婚とまで言われて大変だ!!

 けどそれだけ重要な儀式だということですよね

画像



 場面は変わりシンが雲ヒョン宮に到着したようです

 チェギョンも大礼服に着替えています

 ちなみに宮の前にはたくさんの人が集まり2人の結婚、

 皇太子妃のことを迎えていますよ

 
 そして始まる新迎の礼

 先ほどから普通に書いていましたけど…

 新迎の礼とは「皇太子が皇太子妃を迎える儀式のこと」です

 チェギョンのお父様も儀式の服を着てシンと共にやってきました



 場面は変わり雲ヒョン宮前に集まる国民

 その中にはチェギョンのお友達もボードを持って来ていました

 周りの人に友達だと言っても信じてもらえません

 そんなこと聞いて信じてくれる人はいないと思いますが…


 場面はユルに変わりました

 ユルは儀式には参加せずTV中継の方を見ていたようですね

 そこに叔父さんが現れ儀式に参加するように言うのですが…

 ユルが参加したくない理由は服のことだけじゃないと思う


 本当だったらユルが今のシンの

    立場になるはずだった

  それをお祝いするのは

   ユルとしては複雑ですよね(汗



 叔父さんはユルのお母さんはユルを儀式に参加させるべく

 先に1人だけ帰国させたんだと言います

 それはユルだってわかってますよ でも…

 少しはユルの気持ちも考えてほしいですね


 シンが儀式を行っている頃、ヒョリンはいよ②大会本番

 1日13時間の練習ですか!?

 この大会にかけるヒョリンの気持ちは大きいようです


 場面はシンとチェギョンに戻ります

 チェギョンがシンと家族の前に現れました

 チェギョンはシンの顔を見ていましたがもう表情が…

 離婚前提の結婚って…(苦笑

 
 そしていよ②チェギョンパパの出番

 お祝いの言葉を練習通りに言うのですが…

 
 さすが親子(笑)

  チェギョンパパもチェギョンと同じように

   腕にカンニングペーパー作ってた(笑)



 忘れそうになったらそれを見て言ってました

 お母さんが娘の頭(帽子見たいなの)を直しているのを

 見てやっぱり母親はどこも同じだなと思いました

 無事に儀式が終えられてよかったですね


 シンのお友達はバーで中継を見ていました

 その時に1人の男の子がTVカメラの前で服を脱ぎ

 自分の体を披露(苦笑

 それを見てバカにするのですけど…


 ゴメンなさい 

  あのTVカメラの前でバカみたいなことを

   したのチェギョンの弟くんなの(苦笑



 私も見た時、何してんだとか思いましたけどね(苦笑

 儀式は順調に進みいよ②パレードへ

 世界各国から中継でこのことを知らせています

 その中でユルも見ていましたね

 
 けどユルの表情は曇ったまま…


 
 皇太后陛下が皇后陛下と共に中継を見ています

 今後、チェギョンへの教育は

 「地位にふさわしい品位を心がける」ようにするようです

 自分も出来るだけ教育に参加すると言われていました

 宮の前に集まる国民 

 今日は色々と考えさせられたようでそのことを言います


 「皇室は国民の歓声に耳を傾けねばなりません

  彼らの望みがわかりますか?

  時代に合わせて皇室の現代化をもたらす

  若い皇太子夫妻へ期待と希望を抱いています

 尊敬される皇室の伝統を継いで欲しいと望んでいます


  
 国民が何を考え望んでいるのか

 それを理解し、歩んで行くようなのは素敵ですね

 こんな素敵なことを言った直後…


 内命婦の携帯が鳴りだす(苦笑


 皇太后陛下の前なのに携帯くらい切っておかなきゃ

 大丈夫か…(苦笑

画像



 場面は変わりユル

 ユルは御両親の写真を見ていました

 そこに現れたのはユルが幼い頃、乳母をしていたお方

 皆さん、過去のことを話されますね

 時が変えてしまったというのは納得

 本当だったらユルがシンの立場にいたのに…



 場面はパレードに変わります

 シンは国民に笑顔で手を振ります

 チェギョンは慣れない舞台のせいで余裕なし

 チェギョンの友達も大勢の人の中で声をかけるのですが

 チェギョンは気付かず無視してしまいました

 そんな余裕、チェギョンにはないのですよ

 それにあの人の中では気付けないと思う

 無視されたと思ってしまうかもだけど

 チェギョンのことも考えてあげないと…


 パレードが終わると予定が早まり総理が2人に

 お祝いの言葉を言うため訪れました

 総理は言い終わると礼をし、共にチェギョンも礼をするのですが…

画像



 頭に乗せているものが総理を直撃(笑)

  重いので顔をあげることも出来ません(笑)



 チェギョンは助けを求めるもシンは無視してしまいました

 チェギョン、やることが面白いです(笑)

 総理は直撃されて痛がっていましたね


 その頃、無事に儀式が終わったチェギョンの家族

 近所の人を招いてパーティーをしていました

 親戚などからお祝いの電話がかかってきます

 親戚もチェギョンの両親が皇族と親戚になったと知ると

 態度を変えてきましたね(苦笑

 人間なんてそんなものですよ(苦笑

 チェギョンのお母さんは保険会社に勤めているのですが

 お勧めする保険に加入して下さるそうです

 仕事もだんだん順調になってきましたね


 場面は変わり無事に儀式を終えたシンとチェギョン

 チェギョンはなぜ総理に頭突きをしてしまった時に

 助けてくれなかったのか尋ねます

 チェギョンのかつら、10キロもあったようですね!

 それなら重くて顔をあげることも出来ませんよ

 
 チェギョンはシンがどういう人なのか考えます

 チェギョンはシンのことが気になるようですね


 どんな子なのか知りたくなってきた



 
 シンとチェギョンのもとを訪ねるチェ尚宮さま

 疲れた2人は寝ていました

 まだ儀式が残ってるようです

 チェ尚宮さまを帰し、シンはチェギョンのことを起こします

 チェギョン、熟睡しているので中々起きないですね

 声をかけると夢の中のチェギョン

 突然、シンの胸ぐらをつかみ寝言を…


 …って寝言の内容凄過ぎ(笑)

 
 思わず笑ってしまったよ

 どうやらチェギョンはどこかのお店にいるようです

 料理に頼んだものが入ってないと怒っていました

 そして目覚めるチェギョンなのですが…

画像


 シンの驚いた顔を見てまた寝たふりを(笑)

 そういう所はチェギョン、可愛いですよね~



 また2人の儀式が始まりました

 今度の儀式は同牢(トンレ)といい、

 「結婚した2人がともねをする儀式」のことだそうですが…

 未成年の2人は酒を交わすことで終えるそうです

 未成年だからという理由でなぜしないのか尋ねるシン

 余計なことを言うシンにチェギョンが反論しようとするのですが…


 「気にするな、スンデ(腸詰め)

  俺にその気はない ただ聞いただけだ

  年齢で決めるなんておかしいだろ?




 …スンデって(笑)



 さっきの寝言のせいですね(笑)

 2人は酒を飲み交わし儀式は無事に終了

 食事を食べさせてもらうのですが美味しいようですね

 「あれも」と小声で言っているチェギョンが可愛いです


 またあれから時間が経ち…

 監視をしている人たちは居眠りをしています

 チェギョンはシンに「これからよろしく」と言ってましたね

 シンにとって慣れている宮でも、

 チェギョンにはまだ慣れず不安なのです

 そんなチェギョンにシンは…

 
 「俺に何も望むな

  夫だからと思っているのなら約束は出来ない



 と言います

 シンは誰かを助けたり相手の立場になったりすることは

 自分には合わないそうです

 そんなことを言うからチェギョンの顔が…

 頼れそうな人にも断られてしまいましたね

画像


 シンはチェギョンに手を出し

 「友達としての悩み相談くらい受けてやるよ
 
 と言います

 チェギョンはシンと握手をしたかと思うと…


 シンの手に噛みつきましたよ(笑)


 チェギョンはシンに


 「あんたみたいな友達は結構よ ドケチ男」



 と言ってシンの言葉を断っていました(笑)

 ドケチ男って…(笑)


 痛がるシンの声に居眠りしていた人たちが駆けつけます

 頭にきたシンを抑えチェギョンから離しました

 シンが何言っても耳を塞いで聞こえないというチェギョン(笑)

 シンが連れて行かれたあとチェギョンは…

 
 「あんたに頼ろうなんて思っていないわ

  ただ少しだけ格好よく見えたから

 あんたのことを知りたくて出た言葉なのよ

  最低なやつ… がっかりだわ



 少しずつシンのことが気になりだしたチェギョン

 皇太子妃としてのチェギョンの人生がスタートしました

 今後、シンとチェギョンの関係はどうなるのでしょうか

 今回はここで終了です




 
 チェギョン、シンご結婚おめでとうございます


 無事に新迎の礼が終わってよかったですね

 今回の儀式でのチェギョン、面白かったです

 総理に頭突きとは!(笑)

 
 カンニングペーパーとか親子で同じことしてたとか(笑)

 チェギョンはお父さん似なのですね

 
 ただ、結婚するのに約束されたのは離婚のこと

 結婚なんて人生の一大事なのに・・・

 初めから離婚の話が出るとか嫌ですよね

 今はチェギョンのことは気になっていないですけど

 これからチェギョンと共に接していれば気になりだすはず!

 離婚の件がどうなるのかはラストの方でわかると思います

 
 チェギョンの結婚式は全世界に放送、パレードも行われるなど

 忘れられない結婚式になりましたね

 最後の方でチェギョンはシンのことを知りたいと

 思っていましたが、少しずつシンのことが気になりだしたようで…

 想いが動き始めたみたいでこれからの展開が楽しみですね



 管理人は初見の時も今の2回目の時もやっぱり

 
 ユル王子派です


 シンも好きなのですがユル王子、素敵

 チョコレートの差し入れのアドバイスもそうですが、

 チェギョンのことを気にしてあげているのですよね

 素敵過ぎる


 けど、本当は今のシンのいる場所はユルの場所だったはずで…

 そのことを思うとユル王子の心は複雑

 表情も暗くなりますし…

 ユル王子は自分の居場所を取り返そうとするでしょうね

 まだチェギョンがユルのことを知らないですが、

 チェギョンとユルが再会すると物語は更に面白くなります

 ユル王子の素敵度もドン②UPしますし~

 管理人は今後もユル王子のことを応援しています

 結末がどうなるか知っていますけど…

 けどユル王子を見れるのがとっても楽しみです


 シンに気持ちが向かっているチェギョン

 シンはチェギョンではなくヒョリンのことが好き

 ユル王子は出会った時からチェギョンのことが気になりだし…

 と上手くいってないトライアングル、いやヒョリンを入れると

 四角関係ですが今後の恋の行方が楽しみですね

 チェギョンの皇太子妃としての今後も楽しみ

 4話の感想もすでに終わっているのですぐ更新します

 また更新します。ではぁ♪


宮 ~ Love in Palace FOREVER BOOK-BOX
ぴあ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る



★参加中★

 参加しています♪お気に召しましたらポチッと押して下さいね☆

にほんブログ村 テレビブログへにほんブログ村 テレビブログ 韓国ドラマへブログランキング・にほんブログ村へレンタルCGI

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 17

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック