韓国ドラマ感想 「宮~Love in Palace~」の感想&内容 第12話シンVSユル 2人の対決

 「知れば知るほど胸がときめく魅力があるんです」 私も言われた~い(笑)


 こんばんは

 「黒猫ROOM」管理人の黒猫のロクさんです

 「宮」を今日は見ていたのでレポート作成出来なかった(苦笑

 明日こそは… 

 明日こそはと思いつつも韓国ドラマに走ってしまいます

 ということで現実逃避しすぎて申し訳ないですが

 今回も韓国ドラマの感想をお届けします

 今回の作品は…


 「宮~Love in Palace~」 です


 今回はタイトルにあるようにシンVSユル王子のバトルが激化

 段々、ブラックユル王子の降臨率が高くなってきました

 2人の王子は会うたびにどん②深刻になるし…

 一体どうなってしまうのでしょうか!


 今回は諸注意の方はカットします

 では、12話の感想の方に進みましょう♪




韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想&内容♪ 第12話「シンVSユル 2人の対決!」


 今回はシンの皇太子やめる発言から始まります

 時期を見てシンは皇太子をやめようと考えているようです

 それが無理なら留学してもう戻って来ないと…

画像


 
 「俺よりふさわしいやつもいるから…

  そうなればお前もここを出て… 自由になれる

  (中略)

  帰してやるから… それまで我慢するんだ


 
 そう言ってシンは立ち去りましたが…

 それを聞いたチェギョンはどうすればいいんでしょうかね?

 確かにユル王子はふさわしいけどさ…(おいッ!

 
 場面は変わりシンが皇帝陛下に追尊のことで意見を言っていました

 シンなりにちゃんと追尊のことを考えていたのですね

 そしてまた場面はシンがフェンシングをしている所に変わります

 それを見て、シンを見つめるチェギョン

 でもシンはチェギョンに気付きません

 
 「全然私を見てくれないのね

  私たちの気持ちも通じ合えないのかしら

  あんたには何も望んじゃダメなの?


 
 そうシンを見て思うチェギョンも切ないですね

 気持ちが通じ合えないことなんてないと思う


画像



 場面は変わりシナリオを書いているシンの所にチェギョンがきます

 チェギョンの夢はデザイナーになることですがそれは

 今のチェギョンの立場では無理だそうです

 チェギョン、シンにチョコレートを渡して部屋に戻りました

 そんなチェギョンにシンも笑顔になっていましたね


 場面は変わり皇太后陛下とヘミョン姫

 皇太后陛下はチェギョンに教えてもらったことを

 ヘミョンにも教えていました 楽しそうでしたね

 ていうかヘミョン姫に教えている時の皇太后陛下が…(笑)

 笑いを堪えてたり笑ったりと皇太后陛下可愛かったです

 チェギョンは皇太后陛下を笑わせてくれるようで

 チェギョンの話をしている皇太后陛下は楽しそうでした


 場面は皇后陛下とヘミョン姫に変わります

 皇后陛下のもとにユルママの情報が入ります

 追尊が国会を通ったようで行われることになったそうです

 また、ユルママが知人を支援していた情報も入りました

 たぶん、この前の食事会に来ていた人たちのことですね

 皇后陛下、ユルママのことになるといつになく怖いです


 
 そして場面は変わり皇后陛下VSユルママ、直接対決

 ユルママが宮を訪れた様で皇后陛下が話しかけました

 言葉遣いの話題だけで何だか怖いのですが…

 
 もしユル王子を皇帝陛下にしたいと望んでいるなら

  フェアプレーをするように言う皇后陛下



 それに対して14年経っても

 言葉の癖が直ってないというユルママ

 フェアプレーには「同等の立場が必要」だそうです

 この14年間で多くのものを手に入れた皇后陛下

 それに対して多くのものを失ったユルママ

 フェアプレーは無理だと断ります

 これを言われた時の皇后陛下の表情が怖かったです

 その後、ユルママはヘミョン姫と再会して話してました


 
 場面はヘミョン姫と皇后陛下に変わります

 ヘミョン姫は追尊のことで皇后陛下のことを諭していました

 追尊は始まりにすぎないということでどういうことか尋ねられると

 ヘミョン姫は言ってましたね


 「この先、宮廷内では色々なことが起きるわ

  でも流れに任せて

 その流れが正義なら乗り越えていけるわ



 ヘミョン姫が帰国してくれてよかったですね

 皇后陛下を理解し、諭し、なだめてくれる人がいてくれるのですから

 皇后陛下も娘のヘミョン姫にはすっかり心を開いているみたい


 
 場面はユルママと皇太后陛下に変わりました

 最近はユル王子も宮に挨拶に来なくなったようで心配しています

 誰かに何かを言われたのではないか尋ねていました

 ですがここで皇太后陛下が知らないことをユルママ教えます


 皇太子、シンのスキャンダルの件を

  皇太后陛下に教えてしまいました!!



 皇太后陛下を味方につけるためにわざと教えましたね

 やることが汚いな~(苦笑



 これを知らなかった皇太后陛下は皇帝陛下と皇后陛下を

 呼び出しお怒りに…

 「笑っているだけの年寄りだとでも?」ですって(笑)

 皇太后陛下は自分だけ知らなかったこと、

 追尊のことで何が不満なのかお怒りになっていました

 温和な方が突然怒り出すとさすがの2人も止めれません

 笑ってばかりではいられないと持ってこさせたのは王室模範?

 そこには追尊に関して皇室の最高決定者が

 決めるように載っています

 つまり現在の最高決定者は皇太后陛下

 
 今回の追尊だけは皇太后陛下が

  自分の思ったように進めることになりました



 皇太后陛下、一度怒ると止まらないですね(苦笑


 場面は変わりコン内官がシンのスキャンダルを皇太后陛下が

 知ったことを伝えます

 シンは皇太后陛下が知らなかったことの方を驚いていました

 確かに、普通なら知ってると思うからね(笑)


 そこにヒョリンから電話が…

 「何だ」と冷たくでるシンですが、何と話があると言われて

 ヒョリンと外で会うことになりました

 コン内官は控えるように言うのですが聞いてくれませんでしたね


 場面は変わりチェギョンが部屋に入ろうとするのですが

 内命婦のお姉さま方がシンとユルのことを話していました

 どうやら宮内ではユル王子とユルママの人気も高いようです


 ユル王子のことを「優しい」「いつも笑顔」「素敵」と

  話していた人は私の分身かと思いましたよ(笑)



 宮にも私みたいに思っている人がいるみたい

 でも、内命婦のお姉さま方誰が聞いているかわからないので

 そういう話は控えた方がいいのでは…?

 現にこれをチェギョンが聞いて気まずくしていますよ


 変装して部屋を出て行くシンを見かけたチェギョン

 どこに行くかはチェギョンにもわかりません

 場面は本屋、シンがヒョリンと会いました


 そして場面は再びチェギョンに戻ります

 シンの部屋に入るチェギョンはアルフレッドを見つけるのですが…

画像



 一体、アルフレッドの身に何が起きたんだ!?


 「主人に似て悩みが多いのね」と言ってましたけど、

 とりあえずパンツ頭から取ってはかせてあげて下さい

 アルフレッドを見ているチェギョン、お尻に穴があいてるのを発見

 チェギョン、お尻の穴を直してあげていました

 
 アルフレッドの手術中、アルフレッドに話しかけるチェギョン

 そして心の広いチェギョンはアルフレッドの主人を許すそう

 シンは悩みが多くても顔には出さない性格の方…

 だから自分とアルフレッドで癒してあげようと言っていました

 手術終了後のアルフレッドを見てチェギョンの一言が…


 ところでいつも裸で恥ずかしくない?

    この変態…



 …それは私の子供たち(ロクと姫)

    にも言っているのですか?(苦笑


 
 これを聞いた瞬間、うちの子の表情変わったんだけど…

 うちの子たちも服着てなくてちーちゃんからその点を虐められてた

 あ~、このセリフのせいでまた虐められるよ(苦笑

 本人は恥ずかしいと思っているかもしれないけど、

 その子&私の子供たちの主人=私は親バカだから

 シンもアルフレッドを見て可愛いと思ってるんじゃない?

  
 
 場面はシンがヒョリンと話している所に変わります

 シンはヒョリンの話からチェギョンの話へ話題転換

 夢を聞かれたことについて話します

 今まで誰にも聞かれなかったし考えたこともないそう

 でもシンはチェギョンの夢を聞いて

 自分も持ってみたくなったようで…

 ヒョリンはどんな夢でもシンを応援し手助けすると言います

 ここでシンがヒョリンに伝えるのです

画像



 「ヒョリン… 俺に期待するな

  何もしてやれないんだ タイでの時間は…

  お前への最後のプレゼントだ

  二度とあんなことは…



 ヒョリンにそう自分の想いを伝えました

 よくぞ言った! そして立ち去るシン

 ヒョリンは追いかけ、期待もしないし何もしなくていいと

 ただ今のまま変わらず側にいてほしいと言いますが…

 だからもうそれが出来ないんだってば(苦笑


 宮に戻ったシンの所にアルフレッドを連れてチェギョンが訪ねます

 どこに行ったかを尋ねますが、何も答えないシン

 本屋に行ってヒョリンと会ってたなんて言えませんよ(笑)

 チェギョン、アルフレッドのお尻を縫ったことを言うと返ってきたのが

 「御苦労」の一言のみ(苦笑 「ありがとう」と言わないのですね

 シンは礼を言うのを知らないそうですよ


 場面は変わり今回はここでユル王子の登場です

 王子、ヘミョン姫とお話されていました

 王子が格好良くなったのを見てヘミョン姫、

 
 「女の子を泣かせてないか」ですって!

  そんな王子は女性を泣かせたりしてないですよ



 そこに独り言を言いながら庭を歩くチェギョンが…

 石投げをして成功すると一人喜んでいました(笑)

 それを見て笑っている2人が…

 ヘミョン姫はチェギョンのことを「明るくていい子」とお褒めに

 皇太子妃としての品位は欠けるけどそれを補う力があると

 チェギョンを見て言われていました 

 人のことをよく見て判断されていますね

 私はこういう方こそ皇帝陛下にふさわしいと思うんですけど

 ユル王子に同じクラスだし、

 そうチェギョンのことを思わないか尋ねる姫

 ここでユル王子が言った言葉が…

画像



 知れば知るほど胸がときめく魅力があるんです」


 キャハ━━━━(#゚ロ゚#)━━━━!!!

  私も王子にそう言われたい!!


 
 今回、チェギョンに対しての口説きセリフはなかったものの

 ヘミョン姫にチェギョンのことをこう言っていたのでよし!

 「胸がときめく魅力」=好きってことですね(笑)

 チェギョンが羨ましいよ~!!

 これを聞いたヘミョン姫は王子の心を悟ってしまったかも♪


 場面は変わりヒョリンがケーキを持って歩いています

 その向かいからはユル王子が歩いてくるのですが…

画像



 何とここでユル王子の

 エプロン姿キタ━━(゜∀゜)━━ !!

  調理実習で王子たちはケーキを作るそうです

   調理実習、万歳(笑)



 チェギョン、ユル王子のことでまたも

 「男の仮面をかぶった女」と友達に教えてあげていました

 のり巻きを作ってくれたことを言うのですが

 それはチェギョンだけにだよ(汗

 王子、好きな子には特にお優しいですから~

 チェギョンにだけなんてずるいと言われてましたが

 王子の優しさ・心配りはチェギョンにだけなので…

 他の方はゴメンなさい …って私もそれに含まれるし(苦笑


 ケーキは無事に完成しましたね

 チェギョン、完成したケーキを

 シンの所に持って行くように言われます

 喜ぶのではと言われすぐにシンの所へ持って行くのですが

画像

 
 
 それを見つめるユル王子が…

  王子、そんなチェギョンを見つめ切ない表情を…



 チェギョンはシンの教室前のロッカーを探します

 そのロッカーには「HR」というかたのケーキが入ってました

 「HR」誰のことか何となく想像出来ますよね

 そこにシンが現れます

 シン、チェギョンが持ってきたとわかると

 自分で食べるように言ってました

 予想では「喜ぶ」でしたがやっぱり違いましたね(苦笑

 それどころか二度と持ってこないように言ってましたよ!

 チェギョン、怒るのですが何と…

 ケーキをシンの友達にぶつけてしまいました(笑)

 これでケーキ、食べてもらえなくなりましたね



 場面は変わりユル王子がヒョリンと話しています

 シンに会う・会わないは自分で決める問題だと言うヒョリン

 王子、ヒョリンに会わないように言っているのではなく…


 「チェギョンにバレないように会ってくれ

 
 王子の願い・望みはチェギョンのことですよね

 ヒョリン、シンが皇太子をやめるようにさせると言います

 ヒョリンが王子が以前「辞退させるのではなく奪ってやる」と

 言ったとかぬかしてますけど王子は「奪う」なんて言ってないし

 王子、ヒョリンに言います

 
 「僕がどうするか決める前に君に勝手はさせない

  奪うんじゃない 返してもらうだけさ

  ただし… 全て無傷のままでね



 王子、思っていること・考えていることは深いみたい

 そしてこの問題になるとブラックユル王子に変わりますね


 場面は皇帝陛下と皇后陛下

 追尊のことでお怒りになっていたけど皇太后陛下なら

 公平に決めるだろうと話されていました


 そしてチェギョンなのですがガンヒョンと電話中

 どうやらシンと偶然会ったように見せかけて驚かそうとしているよう

 シンのフェンシングの練習が終わったようで電話を切りました


 そして場面は変わり廊下でシンはユル王子と出会いました


 シンVSユル王子の第二ラウンドの幕あけです


 まずはシン、「皇帝になったらまず何をしたい?」と尋ねます

 王子は考えたことはないそうです でもあえてあげるなら…

画像



 政略結婚をなくす


 だそうです 王子、これケンカ売ってますね(笑)

 シンに同じ質問を返します シンは…


 「『皇太子以外は宮では暮らせない』

  この条件をなくすかな



 お互いこれ言ってる時、表情冷たいし言葉も冷めてるから

 何だかます②怖いんですけど…

 ユル王子はこの条項のせいでこうなったのでそれには賛成のよう

 でも、やはり新しい悲劇の始まりは「政略結婚」だと言います

 それは… シンとチェギョンのことですよね(苦笑

 シン、表情笑うもあれ心は笑ってない

 皇帝など興味も示さなかったシンが

 皇帝について考えていることを知り、

 ユル王子は自分も皇帝について考えることになりそうだと

 シンに言いましたよ!

 チェギョンだけでなく皇帝争いも激化しそうです

 そしてこの2人の会話を…


 チェギョンが立ち聞きしていました


 場面は変わりチェギョンが王子と話します

 チェギョンには皇帝争いが理解出来ないよう

 ユル王子は言いました


 君が思うほど世界は美しくないんだ



 これを聞いてチェギョンはユル王子に「皇帝に興味があるか」

 そう尋ねるのです

 王子は興味がわいたことを言うのですがそれを聞いた

 チェギョンが王子に放った言葉が王子に大きなダメージを与えます

 ここからの会話をどうぞ… チェギョン=チ ユル王子=ユ


チ「同じ皇族でも、地位なんかに

   興味がないと思ってたわ」


ユ「それでも僕は僕だ


チ「まるで別人よ



 ギャ━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━ !!!

  「別人」とまで言われた王子に大きなダメージが



 しかもそれを言ってチェギョンが立ち去るから事態は深刻に

 王子、これにはかなり傷ついたとみえます

 そして王子はその後、皇太后陛下とお話をします

 話の内容は追尊されたらユル王子は親王になるということ

 そうなることで皇太子と同等の立場になるそうです

 それを聞いたユル王子は皇太后陛下にお願いします


 義誠大君にしてほしい


 これはシンよりも下の序列

 王子は混乱するので自分の方が下の方がいいのではと

 そして皇室の平和が守れるようにと伝えていました

 これって… 先ほどのチェギョンの言葉のせいか…

 それほどチェギョンの言葉は王子にとって大きいのですね

画像



 王子が帰宅すると母親が横になっていました

 それを見て自殺したのかと思い駆け寄るユル王子

 生きていましたけど王子のしたことにユルママお怒りです

 勝てるゲームが勝てなくなったと言っていました

 王子、何度も謝ります

 でも王子にとってこれでよかったそうです

 これ以上したら危険だったと… 

 でも母親にそんな言葉は通じませんでした

 王子の今にも泣きそうなお顔が辛いです


画像



 そしてついに行われる追尊

 王子も伝統にそった衣装を着ていますね

 これでユルママは皇太后陛下になるようです

 そして行われる皇帝陛下による記者会見

 それにチェギョンとシンも同席するのですが…


 何と皇帝陛下が記者会見で倒れましたよ!!


 これはTVで生中継されています

 チェギョンの家族も見ていましたが倒れたのを見て動揺

 チェギョンに電話をかけていました

 記者会見が突然シマウマの映像に変わったのが…(笑)

 そして倒れられたことはユルママと王子にも伝わります

 
 皇帝陛下、意識はあるようでもう大丈夫のようです

 皇太后陛下は公務から離れて休むように言われていました

 チェギョンがハンカチで拭いてあげようとしていましたが拭き方が…

 シン、チェギョンの服を引っ張って席に戻してましたね(笑)

 皇帝陛下のことはヘミョン姫に任されることになりました


 場面は変わりユルママがついに皇太后陛下に

 これからは古い時代が終わり新しい時代の始まりです

 王子と歩いていると何とここで皇太子夫妻と会いました

 シンは追尊のことについて祝福の言葉を申します

 ユルママは宮を巡る事件が起きているので気をつけるよう忠告

 これに対してシンは…


 外の敵に対しては十分に警戒しています

  しかし最大の敵とは常に身近にいるものです

  それにも備えていますのでご心配なく 

   皇太后陛下


 
 「常に身近にいるもの」まさにその通り!


 そして皇太后陛下と言っているのが何か怖いんだけど…

 ユルママ、また尚宮と話します

 本当、誰を信じればいいかわからないですね(苦笑

 ユル王子、部屋を見ていたようです

 王子も今度からは宮で生活するのか~


 場面は変わり皇太后陛下に招待状が

 どうやら以前したもので心臓病の方のための支援に

 人形を作って売ったようなのですがそれが100万個売れたそう

 チェギョン、100万と聞いて驚いていましたね(笑)

 
 皇太后陛下は皇太子夫妻も一緒に行かないか誘うのですが

 シンの日程はすでに詰まっているようで難しいようです

 でも目の前にいるチェギョンは行きたそうで…

 チェギョンと一緒にいくように提案しました

 チェギョン、皇太后陛下とお出かけですね♪

 
 場面は変わりコン内官にシンにカメラを借りることを伝えるように

 お願いするチェギョン

 チェギョンはシンの部屋に行きカメラを探します

 以前、リモコンで開けた部屋にあると思った

 チェギョンは探すのですが

 引き出しの中から「HR」と書かれた箱を発見します

 その中に入っていたのは…


 ヒョリンの写真と思い出の品の数々…

  そしてヒョリンからの手紙などが入っていました



 HR=ヒョリンです だから先ほどのケーキも…

 チェギョン、これを見てショックを受けてしまいました

 そして部屋を出るのですがそこでシンと会ってしまいます

 カメラは見つかったのか尋ねるシン

 チェギョンが箱を見つけたことをまだ知りません

 チェギョンはシンに言います

画像



 「そんなに大事なの?

  彼女のプレゼントを取っておくほど大事なの?

  まだヒョリンが好き?



 これを涙を流して言っているから見ているこっちまで悲しくなる

 何のことかまだわかってないシンには何言ってんだって感じかも

 しれないですけど、思い出の品の数々を見てしまったチェギョンは…

 
 チェギョン、涙を流してシンの前から立ち去ります

 そしてその時にユル王子と会うのですが何も言わず王子の前を

 通り過ぎるチェギョン…

画像



 これを見た王子もチェギョンのことを心配していますよ


 そしてこの光景を皇后陛下も見ていました

 シン、部屋に入ると机の上にヒョリンとの思い出の箱が置いて

 ありました 何があったのかこれで悟りましたね

 シンの所に皇后陛下が訪ねてきます

 皇后陛下、シンにチェギョンに優しくするように言われていました

 そしてユル王子とチェギョンが同じクラスなのを尋ねていましたね

 先ほどのあの光景を見ただけで何か悟ったのか…?


 「愛し合うことが出来なければ

  2人とも幸せにはなれません 優しくしてあげて



 この言葉がシンの胸にも響きましたかね…?

 
 場面は変わり皇太后陛下とチェギョンがテディベアの博物館を

 訪ねていました チェギョンと皇太后陛下楽しそうでしたね


 チェギョン、皇太后陛下に絵をプレゼントします

 絵は皇太后陛下の肖像画です

 でもチェギョンの絵を見た皇太后陛下は「自分じゃない」と

 シミもしわもなくて肌がつる②なので自分じゃないと言います

 今はソフトで修正できるとチェギョンは言いますが

 皇太后陛下には何の事だか…(苦笑

 チェギョン、今度はしわも入れて描き直します

 そして改めて描き直した絵を見せるのですが…


 何と今度はしわが多いのを見て

   ショックを受けるんですよ(笑)


 「だったらソフトのように修正して

   描いてくれれば…」って

  
 ソフトのように修正して描いても、

  ありのままの姿を描いてもダメなら

  どう描けば気に入って下さるのですか(笑)



 しかもチェギョンの絵を見て年寄りの面倒を見せるのは申し訳ないと

 ショックを受けた皇太后陛下は部屋に戻ってしまいました

 そんな所も可愛い陛下ですが、チェギョンは困りますよね(汗

 喜んでもらうつもりがショックを与えてしまうとは…

 もう一体どうすればいいのよ(苦笑


 チェギョン、中に入るとそこには…

画像



 何とシンが来て待っていましたよ!!


 でもチェギョン、まだ不機嫌なようで部屋で休むと言って

 部屋に戻ってしまいました

 早く仲直りが出来るといいのですが…

 今回はここで終了です


 次回予告を見て… 2人の初夜ですね!!

 楽しみだ~♪



★感想★


 今回の話では皇太子を辞める件とか出だしから…

 シンは本気で考えているようですね

 シンがヒョリンと会っていましたが本当のことを言うために

 密会しているなら今回はよしとしましょう♪

 ズバッと本音を言ってお別れしたのはよかったですよ


 そしてユルママによってついにスキャンダルのことを知って

 しまった皇太后陛下

 同じ宮にいて自分だけ知らなかったとか、そういう所から

 周りへの不信感を抱かせて自分の側につかせようという魂胆ですね

 果たしてそう上手くいくのかな…

 
 そして今回のユル王子はというと…

 
 チェギョンに対してのドキッとする発言はなかったですが

 ヘミョン姫にチェギョンのことで言ったセリフがよかったです

 私もあんなふうに言われたい!!(笑)



 そして今回の話では…


 調理実習がこんなに素敵なものだったなんて(笑)


 エプロン姿に萌えてしまったわ(笑)

 けど、チェギョンに対して見つめる目は相変わらず切ない

 それでも結果は玉砕ですからある意味、王子には

 この結果はよかったかもしれませんね(苦笑


 そしてこの回は前回の回よりも…


 シンVSユル王子のバトルが激化


 一気に関係は重く、暗くなってしまいました

 ブラックユル王子率が上がってきてますよ

 もうシンと会った時、話す時のユル王子表情暗い

 もう以前みたいに笑って気楽に話せるような関係には

 戻れそうにないですね(汗

 恋も皇帝をめぐる争いも激しくなってきているようです


 そしてそんな2人の王子の会話を聞いてしまったチェギョン

 チェギョンがユル王子に言った「別人」発言は…


 王子の心に大きなダメージを与えました


 王子はきっと「傷ついてないよ」とかチェギョンに言いそうだけど、

 どう考えてもチェギョンの言動に傷ついてますよ

 皇太后陛下に位を下げてもらったのもこの一言のせいでしょ?

 どんだけ王子にとってチェギョンの存在って大きいんだ!

 そんな方に「別人」とか言われたら王子だって傷つきますよ


 それに母親のあの怒りようも怖かった…

 そしてまたブラックユル王子降臨の瞬間

 今後はブラックユル王子ばかり見そうですね

 辛そうな表情は見ている私まで辛くなりますよ…



 次回の話は2人の床入りが行われます

 床入り=2人の初夜です

 果たしてシンとチェギョンはどうなるのか…

 それは次回のお楽しみです

 また更新します。ではぁ♪


レンタルCGI

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック