韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想&内容♪ 第22話「秘められた過去」

 -僕じゃダメなの?- チェギョンはダメでも私はOKですよ!!


 こんばんは 

 「黒猫ROOM」管理人の黒猫のロクさんです

 早く更新するつもりがこれを書いている今日、

 19日にフジテレビさんの放送が終わってしまいました

 放送中に更新予定だったのに(苦笑

 最終回まで感想は書いていますので随時うpします

 今回も韓国ドラマの感想です

 今回の作品は…

 
 「宮~Love in Palace~」です

 
 この回は王子辛いんですよ(涙

 チェギョンの台詞で好きなのが出てくるのですが

 あの台詞、王子にはキツイ一言になってました(汗

 チェギョンに言われ傷つく王子…

 精神的に傷ついた王子が心配です

 王子の辛そうな様子は感想&内容で確認して下さい


 感想に入る前に当ブログの諸注意のほうを

 管理人はシンも好きですがユル王子派です

 そのため感想は王子の方に偏ります

 著作権はTOPに書いてある通りです

 前回の感想はこちら


 韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想&内容♪ 第21話「皇太子妃、最大のピンチ!?」


 では、感想&内容の方に進みましょう♪
 


韓国ドラマ感想☆ 「宮~Love in Palace~」の感想&内容♪ 第22話「秘められた過去」


 王子がチェギョンへの想いを言っている所から始まります

画像


 
 「皇太子妃殿下を義姉だと… 

  考えたことはありません

  ずっと慕ってきました



 王子のこの発言にみな無言になりました…

 シンは廊下で幼い頃の自分と王子の姿を見ていました

 小さい頃の王子、シンに名前で呼ぶななんて

 言ってしまったのですね(苦笑


 そして再び王子へ…


 「もとは僕の許婚でした

  お父様が生きておられたら…

  僕と結婚する人でした」

 
 そんなふうに王子が言っても受け入れられることはない

 それでももう気持ちを止められない王子は…


 「皇太子の座を追いやられたように

  妃殿下への想いもどうにも出来ません



 皇太后陛下は自分が言い聞かせると言いますが

 皇后陛下はお怒りです 王子は…


 「心の持ちようでその縁を捨てられると言われました

  でも人生がかかっているなら…

  その縁は選ぶのではなく運命なのです

 これが真実です 皇太子妃をお許しに…



 王子から聞いた真実

 皇帝陛下はチェギョンを部屋に連れて行くように言いました

 チェギョンのことは何とかなりましたね



 そして場面は王子とシンに変わります

 掟を守ることが自分たちのするべきことだというシン

 王子は掟を壊すと言っていたじゃないですか(苦笑

 王子は自分は掟を捨てると言います

 そして捨てられた皇族の気持ちを語る王子

 望まないことを学び、そして叶えられないので

 諦めてきたそうですがチェギョンは…


 「でもチェギョンは諦められなかった

  初めて欲しいものが出来た

  義姉だと思ったことはない


 
 王子、シンに対してもチェギョンへの想いを語る

 シンは悪縁を知っているのでやめるように言います

 でも王子は…


 「今彼女を失ったら僕は…

  何も望めない人になってしまう

  だから必ず彼女を手に入れる

  お前は彼女を手放し皇太子の座を守れ

  僕は皇太子を諦める


 
 皇太子を諦めてまで欲しいのはチェギョン!

 本当、王子のためにシンは諦めてくれよ(苦笑

 ただ、王子がどんなに好きでもチェギョンは…


 チェギョン、まだ座り続けていました

 シンの姿が見えるチェギョン

 ですが迎えに来たのは王子です

画像


 皇帝陛下の命も出たので連れて行く王子

 その時、シンと会いシンが連れて行こうとしますが

 チェギョンがそれを断り王子に連れて行ってもらいます

 ここでシンを選んだらどうしようと思いましたよ(苦笑


 ベッドに横になったチェギョンに王子は皇族の人に

 想いを伝えてしまったことを話そうとしますが、今の

 チェギョンにそれは言えませんでした…

 それでも理解してほしいそうです

 私なら理解しますけどチェギョンはどうだろう…?


 皇帝陛下は密会現場のミョンソンダンにいました

 お兄さんが皇太后陛下と結婚出来ると知った時の喜びの

 報告を思い出したようですね

 
 そしてシンは寝ているチェギョンに触れようとしますが出来ず

 一人チェギョンに話しかけます

 「なぜだ? なぜあんなことを?」 


 
 場面は皇后陛下と皇太后陛下に変わります

 皇后陛下の怒りは収まらず謝り続ける皇太后陛下

 人気が上がっている王子ですが冷静さがないと、

 皇帝になるには劣っていると言われてしまいました(汗

 今回の件で皇后陛下はとにかく怒りが収まりません



 場面は王子と皇太后陛下に変わります

 皇太后陛下はチェギョンのことは忘れるように説得

 王子が自分の気持ちを語ったのはチェギョンと宮を出たいから

 そんなことを言われたら皇太后陛下は止めますよね

 皇太后陛下は昔の王子に戻って欲しいようですが…


 「彼女がいるから僕は笑えるんだ

  何も考えず心から笑える

 彼女を失えば昔の僕に戻ってしまう



 と王子が昔の自分に戻ることを否定!


 それよりも王子がこのように思っていたとは…

 やっと自分らしさを取り戻せたのにね

 皇太后陛下は母のことは考えてないのか尋ねますが

 王子は無言… 考えてないようですね(汗

 全て王子のために捧げてきた皇太后陛下

 このままで終わるわけないです


画像


 
 場面はシンが皇帝陛下に呼ばれた所に変わります

 皇帝陛下の怒りは未だに収まってません

 ましてシンが王子の気持ちを知っていたとなると…

 シンは王子の片想いなのでチェギョンのことは許すように

 言うのですが、深夜の密会の件などがあるので許せないそうです


 チェギョンもチェ尚宮さんから全て聞きました

 王子が理解してほしいと言ったのはこのことなのか…

 そこにシンがやって来て皇帝陛下には知らないというように

 言うのですが、チェギョンは正直に話すそうです

 そしてここでもユル王子のことを絡ませるシン(苦笑

 そんなシンにチェギョンも呆れ…

 なぜシンがこんなに怒っているかというと…


 王子とチェギョンが自分をバカにし裏切ったからって…

  また自分のことしか考えてないし(苦笑



 チェギョンが誰のためにあのようなことをしたのか気付いてない

 王子のためではなくあなたのためですよ!

 自分のことしか考えられないようじゃまだ②…

 挙句の果てに自分と一生ここで暮らすことが裏切ったことに対する

 罰だみたいなことまで言ってました…(苦笑


 そして場面はなぜかチェギョン家族に変わります

 王子がチェギョンを好きだということを知ったようです

 それを聞いて王子とチェギョンが結婚したらと妄想…


 エプロン姿で料理を作る王子が可愛い~

  そしてチェギョンのために尽くす王子



 何だか王子が結婚したら本当にそうしそう(笑)

 でもシンではなく王子と結婚したら優しい旦那さんが

 出来ると王子の方がよかったな~と家族は思ってるよう

 この前、心を掴んだチェギョンママは王子の方がいいと

 言って下さいましたよ!絶対王子の方がいいですよね☆

 ただ問題なのは強敵の皇太后陛下

 あのお方は強敵だわ… 2人の愛の試練は母親か(笑)



 場面はチェギョンが皇帝陛下に呼ばれた所に変わります

 尋ねられてもずっと泣きっぱなしのチェギョン

 皇帝陛下と皇后陛下はなぜシンではなく

 王子に慰めてもらったか問題にしていましたが…


 あなた方の息子さん(シン)が慰めてくれないから

  心優しい王子が慰めてあげたんだろ(苦笑



 だったら自分の子供の教育をしっかりやれ(怒)

 本当だったら夫が慰めるべきでも出来ないんだもん!

 王子のことをどう思っているのか尋ねられてもチェギョンは

 話す前にとにかく泣きっぱなし…

 皇帝陛下の怒りもMAXでしたね(苦笑



 王子が皇帝陛下に呼ばれました

 皇帝陛下は自分も過去に似たような経験があると言い…


 「死ぬほど求めても手に入らぬ人がいる

  手放したくなくても手放さねばならぬ人がいる



 と王子に言いました

 どこかで聞いた話のような… そんな気はしないか(汗

 今回の件について皇帝陛下は皇室が決めた相手と

 婚姻をするように言います 皇太子妃は忘れろと…

 でも王子はそれが出来ないのですよ!


 「人の気持ちは簡単には変えられないものです

  また、ある人への想いを心に秘めたまま…

   結婚など出来ません



 そう皇帝陛下のお言葉を否定してしまった王子

 王子に下される決断は…


 そして挿入歌が流れ…

 シンは屋根裏部屋にいました

 何が切ないって一人…


 チェギョンから貰った内履きを履いてるのですよ(涙

  それでもアルフレッドも一緒なのに愛を感じる



 可愛がってもらえてよかったね、アルフレッド

 シンはどうすればいいか、何を言えばいいかわからない

 チェギョンはシンの写真を見ていて、王子は…

画像


 一人、楽器を片手に部屋で処分のことを考えていました 

 そして皇族が集まり王子の処分が下されたのですが…


 ユル王子を宮から追い出すという結論に!!

  えぇぇえええ―― そんなの酷いよ(TロT)



 母親から引き離し、一人どこかに追いやられる

 王子が出て行きチェギョンへの想いを絶ち切った

 ところで王子の婚姻の話を勝手に進めるって…

 自分だって皇太子妃のこと愛してたくせに!!

 
 王子はこの結果を想定していたそうです

 だから何もしないようで… 王子ぃぃいい(涙


 王子の処分を知ったチェギョンはシンに訴えます

 チェギョンの言ったことは…

画像



 王子を1度ならず2度も追い出すのは酷いと!

  チェギョンの言う通り!!そんなの酷い!!


 でもシンは王子のことを可哀想と思わないって…

  むしろ腹立つとか、見ていて叩きたくなったよ



 チェギョンは今が宮を出るチャンスだと言います

 シンは宮から一生出れないのがお前の罰だと言って

 ましたけど、あなたの愛って閉じ込めることなの?(苦笑

 出られたら困るのはわかるけど、今のシンじゃチェギョンも

 惹かれたりしないんじゃないですか(苦笑


 場面は変わり皇太后陛下と皇帝陛下

 皇太后陛下は王子への処分を取り下げるように言います

 少しでも哀れんでくれるならと…

 それでも出した処分は取り下げられないそうです

 母親にとって大切な存在を奪うなんて…(涙


 話が終わると皇太后陛下のことを

 皇后陛下が待っていました

 皇后陛下は正義と真実に向き合えと言いますが

 皇太后陛下にとっての正義と真実は王子が

 皇帝になることしか考えられません

 道理の話もしていましたが、道理を通すなら王子が

 皇帝になることこそ道理だと…

 自分は全てを失ったと話す皇太后陛下

 それを聞いた皇后陛下は婚姻したあとに皇帝陛下の

 心に想いを寄せている人がいることを知ったと話します

 
 「妻として愛されることを私は待ち望みました

  でも手に入らないと気付くまで…

  長い歳月がかかりました

  陛下は皇后の座を捨てられましたが…

  私は愛される妻の座を諦めました

  しかし奪われるのは私だけで十分です

  皇太子の座は譲りません



 皇后陛下はもう何十年も苦しんでいたのですよね

 それでも皇太后陛下と王子だって14年間も憎み

 苦しみ続けてきた

 皇后陛下が何と言おうと皇太后陛下は王子を皇帝に

 してみせると言っていました

 別れたあと、皇太后陛下は皇族会を開くよう呼びかけます

 全ては王子のために…


 
 場面は変わり学校

 卒業制作を作成しているようですが、またガンヒョンに

 恋に落ちた彼がガンヒョンを口説きにきましたね

 それでも相手にしないガンヒョン


 「彼女のメガネになって澄んだ瞳を追いかけたい


 って彼が言ってたのを聞いて笑ってしまった(笑)

 王子なら「素敵~」と言ってしまうのに…(苦笑


 ガンヒョンはチェギョンと話します

 チェギョンは好きという気持ちだけではダメだという

 ことに気付いたようです

 宮から出たいのはやっていく自信がないから…

 そして宮に入ったことでチェギョンは夢や責任を自分で

 背負っていくことを失ってしまった

 それを取り戻すためには宮を出るしかないそうです


 場面は変わり皇族が集まっています

 どうやら皇族会からチェギョンの処罰を言われたようで…

 2つのうちどちらかを選ぶことをせまられました

 なぜならどちらかを選ばなかったら今回の件を国民に

 公表すると言われたから そのどちらかというのが…


 王子とチェギョン、2人を宮から追い出すか

  2人とも宮に残すかというもの!!



 このうちどちらかを選ばなかったら国民に公表です

 チェギョンも今回のこの決断を知りました

 誤解されているのでしょうがないと言います

 宮から追い出されたら自分は庶民に戻る

 でも、これが近道かもしれないと思うチェギョン



 場面は皇太后陛下の所にシンが訪ねてくる所に変わります

 要件を述べるシンですがそれが…


 「意外とレベルが低いですね 真の実力者は、

  相手にならぬ者に戦いを挑みません

  皇太后陛下が戦いを挑めば

   人の命も奪えるのです

 相手を見て戦いを挑んでこそ

   互角に戦えるのでは?



 またそんなこと言って…(苦笑

 シンはチェギョンに手を出さないように言っていました

 皇太后陛下にとってチェギョンの存在自体が

 邪魔なようです だから追い出したい…

 あとこのような言葉が出ましたね

画像



 -野望には死がつきもの

  愛には涙がつきもの-



 何だかこの先の展開を暗示しているかのようだ

 愛がシンを破滅へと導くだろう…と皇太后陛下

 シン、王子と会ったため王子と話をすることに


 シンは皇族会にチェギョンを廃妃にさせないように

 そう訴えて欲しいと言うのですが王子はそれを断ります

 そりゃそうですよね!チェギョンは宮を出たがっている

 王子は宮から出てチェギョンと一緒にいたい

 それなのに王子が宮に残すように言うとでも?(苦笑


 「彼女を引き止めてみろ

  これ以上お前に奪われはしない



 王子がそう言ったのを聞いたシン

 自分も皇太子になって優しい両親や自分らしさを

 奪われたと言います 被害者は自分だけじゃない…

 自分だけが被害者だと思ってる王子が

 シンには頭に来るそうです


 「悪縁を絶とうと言ったはずだ

  それなのにお前は引きずっている

  俺の口で言わないのは

   お前への最後の思いやりだ



 そう王子に言うシンですけど、王子は先代の悪縁が

 何なのか知りません


 そのあとは皇太后陛下(母親)に会う王子

 王子、自分が出て行ったあとの母のことを心配していましたが

 皇太后陛下の中には王子が皇帝陛下になるビジョンしか

 見えてないのですよ

 だから王子が望んでなくても皇帝にしてみせると…

 王子は先代の悪縁が何なのか気になり始めました

 母親が愛した人はどんな方なのか尋ねていましたけど、

 皇太后陛下は昔のことだと答えませんでしたね(汗


 場面は変わりシンとチェギョン

 チェギョンは自分の意思で入ったので出る時も

 自分の意思で出たいとシンに言います

 もう皇太子妃としての自分は嫌で元の生活、

 もとのシン・チェギョンに戻りたいそうです

 宮に入ってよかったのはシンを好きになれたこと

 入らなかったらシンはチェギョンを好きになることは

 なかっただろうし…



 場面は変わり王子の部屋にチェギョンが訪れました

 王子はチェギョンに謝ります

 まさか廃妃になるだなんて思ってなかったと…


 「君を守りたかっただけなのに

  僕のわがままが… 君を傷つけた



 そう言う王子にチェギョンは廃妃になることが大事かは

 知らないが、宮を出ようと思っていたのでこれで陛下に

 言いやすくなったと言うのですよ!それを聞いて…


 僕と一緒に?- と王子、嬉しそう

画像


 
 「私が出て行くのはあなたとは関係ないの

  宮を出たらユルくんには会わないわ

  いい友達が出来てよかったけど、

  私の心はあげられないから…

  あなたのそばにはいられないわ」


 ギャ━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━

  王子が泣きそうになってる!!



 そしてチェギョンはシンが言ったことを…


 「星に周期があるように人にも周期があるって

  2500万年よ 2500万年が過ぎると、

  また同じ人たちに再会するんだって

  私たちも再び出会うのよ ユルくん…

もし2500万年後に私に会ったらその時は逃げてね

  もし会ったとしても知らないふりをして

 私もそうする 今はシン君から離れるけど…

  2500万年後も彼を好きになると思うから



 ↑このセリフ、好きなんですよ…

 王子はというと… 涙目になりながら…


 「じゃあ、その時も君を待つよ

  (チェギョンに「待たないで」と言われ…)

  僕じゃダメなの?

  心臓が止まりそうなのに…

   なぜダメなんだ…」

画像



 チェギョンが去ったあと、一人苦しむ王子…

  ユル王子ぃぃいいいいいい(涙



 
 あ~もうダメだわ… 王子が辛すぎて…

 こんな一言を言われるなんて…

 もう会わない、2500万年後は逃げろ…(苦笑

 一人苦しむ王子、王子の心が限界になりました


 
 そして場面は変わりチェギョン

 皇帝陛下たちの前でついに…


 廃妃にして下さい


 とチェギョンはお願いしました

 これを聞いて許せるわけがない皇帝陛下

 この発言を聞いた人は叱ります

 太皇太后陛下は廃妃だなんて言わないように

 チェギョンを止めるのですが…

画像



 「皇太子妃として生きられません

  元の自分に戻りたいんです



 そう泣きながら言われたら誰も反論出来ません

 チェギョンがどれほど苦しんでいるのか

 あの涙を見れば伝わって来るでしょう…


 そして王子の部屋を訪れる皇太后陛下なのですが…


 王子の部屋には王子が描いたチェギョンの絵が

  あたり一面にばらまかれていますよ


 そして立とうとする王子ですが

  力が入らず立てないユル王子…


 ギャ━━━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━━━

  王子、大丈夫ですか!?そして…

 
 「お母様… 僕を止めてほしい

  もう疲れた…



 王子、精神的ダメージが酷過ぎます…

 こんな息子を見た母親としてはあの作戦を実行するしか

 道は残されていないのですよ


 シンに入った1通のメール

 それを見たシンは慌てて部屋を飛び出し、

 チェギョンを探します ですが見つからず…

 電話をかけたり、メッセージを残したりとシンは

 チェギョンがどこにいるのか探していますが…


 何とチェギョンの携帯を勝手に見て

  着信・メッセージを誰かが消しましたよ


 そして何と後ろからは煙が…!!

  宮廷で火事が起きました!!



 落とした携帯… チェギョンはどこに…

 シンは一体どうなるのかという所で次回!


★感想★

 王子が辛すぎます(涙

 まずチェギョンへの止まらない思いを告白

 それを聞いたことにより周りの方が…(苦笑

 それでも王子は好きなんだからしょうがないのですよ!

 
 チェギョンが宮を出て行くと聞いた時に王子は

 自分と一緒に出て行ってくれると嬉しそうなんですよ(涙

 でもチェギョンは王子とは一緒に行かないだけでなく

 宮を出たら王子とは関わらないと酷い言葉を(涙

 もうそう言われてる王子が可哀想で②…(涙

 目に涙を浮かべて「僕じゃダメなの?」と尋ねてるシーンは

 私ならOKなのに~と思いながらそうチェギョンに尋ねる

 王子が切なすぎて辛すぎて…(TロT)

 チェギョンが去った後に一人泣き崩れる王子

 そんな王子を見ていることしか出来ないのが辛いです(涙


 しかもその後、皇太后陛下が訪ねて来た時、

 よほどショックだったのか立てないんですよ!!

 そりゃそうですよね あんなに好きなのにそれなのに…

 会うどころかもう会わない、来世で会っても無視しろという

 感じに言われたら… 来世でも否定とか(涙

 私、チェギョンが2500万年後もシンを好きになるという

 あの台詞大好きなんですよ!

 でもその台詞は王子にはキツイ一言ですよね(汗

 
 そして問題はそこだけでなく…


 王子を宮から追い出すというふざけんじゃねぇー

  と怒鳴ってしまった展開に(苦笑



 あれ聴いた瞬間、思わず


 王子を追い出すんならあんた(皇帝陛下)の

  過去の恋愛もばらしてやると

   思わず言っちゃった(汗



 だって王子だけ追い出すとかそんなのないよ!

 皇帝陛下だって同じ経験してるくせに(苦笑

 私を怒らせたら何するかわからないので怖いのですよ


 今回の話でチェギョンは自ら廃妃にするようにいい、

 そして宮ではついに火事が発生するという事件が!

 シンはまた皇太后陛下を怒らせましたからね

 ついに向こうもシンを皇太子の座から引きずりおろす

 という作戦を実行に移したのです!

 あの火事の現場にいたシンはその後…

 どうなるかは次回をお楽しみにです!

 でも、可哀想なんですよね(涙

 私がシンに優しくなるのはラスト2話だけという(苦笑

 最後までユル王子派の黒猫のロクさんでした

 また更新します。ではぁ♪


★参加中★

 参加しています♪お気に召しましたらポチッと押して下さいね☆
ブログランキング・にほんブログ村へレンタルCGI 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック